忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SFに対する考察・・・もとい戯言

SFモノのアニメや漫画を見てて思うこと。
異星人がなんで地球のことをご丁寧にも「地球」って呼ぶのか、ということ。

そもそも「地の球」なんて安直な名前なんか使わないだろうし、使うとしたら彼らの母星に既に「地球」という名前が使われているだろう。我々がそうしているように。

もしも異星人がいたらきっとこの星に好き勝手な名前をつけて呼んでいるに違いない。
同じ地球内でも、国の名前の呼ばれ方が違うように(ジャパンだのハポンだの)。
(ついでに言うなら、「ジャパン」じゃなく「日本」と呼べと言いたいところだが)
それこそ「ペコポン」あるいは地球人には発音不可能な言語とかで呼ばれているのだろう。

まあ、それを言ったらなんで宇宙人が日本語喋ってるんだとか、単なる屁理屈じゃないのかとか、いくらでもツッコミどころはありますけどね。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

さすがはサイエンスフィクション。

 翻訳機とか意思を直接読み取っているとか、想像はどこまでも膨らみそうです。
 「地球」の名称の件は激しく同意。

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カウンター

最新コメント

[11/16 鎖竜最彩]
[11/15 Yuu]
[04/01 鎖竜最彩]
[03/31 まだおX]
[03/22 鎖竜最彩]

最新トラックバック

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

忍者サイトマスター