忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「テッド」(コメディ・R15)を見てきた

本日は映画「テッド」を見てまいりました。

<あらすじ>
友達のいない孤独な少年ジョン(主人公)はある年のクリスマス、両親にくまのぬいぐるみ(テッド)を貰います。
たちまちテッドを気に入り、本当の友達のように扱う彼。でも所詮はぬいぐるみ。喋ることも動くこともありません。
本当にテッドが友達になってくれたらなぁ・・・と願うジョン少年。
するとある日突然奇跡が起きました。なんとテッドに命が宿り、喋り出したではありませんか!
そんな彼の存在を黙っておけなかったジョン少年は、周りにテッドのことを話します。
そして一躍有名になりテレビにまで出演するようになるテッド。・・・ですが、ジョンとの友情は変わりません。

・・・ここまでが序盤。

それから27年後、すっかり大人になったジョンとテッド。
大人になっても2人の友情は変わりませんでした・・・が、人気者だったテッドはすっかり大衆から飽きられ、クスリの不法所持でニュースになる等の落ちぶれよう。
更には家にデリヘル嬢呼んだり下ネタを連発したりとすっかり駄目クマに。

一方のジョンは、レンタカー会社で仕事をし、恋人(ロリー)までいますが、どこか大人に成り切れていない部分が。
それでもなんだかんだで上手く行っていた3人(?)ですが、このままではよくないと思ったロリーは、ジョンにテッドと別れるように言います。
仕方なく、別れを決意するジョンとテッドですが・・・。

<感想>(※ネタバレ含む)
PVやR15指定でも分かるように、下ネタ多しです。まあそれは覚悟していたのでいいのですが・・・下は下でもウマコネタは勘弁。
まあそのシーンは2回のみだったので幸い(?)でしたが。

テッドはあの外見ですから、中身がおっさんになっても愛嬌がありますね。
まあ下ネタ連発ですけど。普通のおっさんがあれやったら多分ドン引きかなぁ。
クスリもやってたけど、ぬいぐるみなのに何故効くんだよ・・・。
その辺りの表現もR15になった所以なのでしょうね。

シーンを切り取って見れば、面白い部分もあるんですが、全体で見るといまひとつ。
クマのぬいぐるみがおっさん化、ってアイデアは面白かったんですけどね。
最後のはオチが読めすぎてちょっと。
あとロリーの上司レックスが何がしでかしそうだったのに結局何もしませんでしたね。
やらかしそうな雰囲気を出していたのはなんだったのか。フツーにデート誘っただけでしたね。
個人的にはもう一波乱あった方が良かったのかなぁ。惜しい映画でした。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カウンター

最新コメント

[11/16 鎖竜最彩]
[11/15 Yuu]
[04/01 鎖竜最彩]
[03/31 まだおX]
[03/22 鎖竜最彩]

最新トラックバック

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

忍者サイトマスター